So-net無料ブログ作成
検索選択

3月のライオン第9巻第91話 感想(ネタバレ) [コミック]

こんにちわ。

3月のライオン第9巻第91話 感想(ネタバレ)です。



第9巻第91話


今回は、「家族」がテーマです。


冒頭の「ケンジ」っ誰?

今までは登場してきませんでしたが、「ケンジ」っていうのは
土橋健司9段のことです。


冒頭のシーンは土橋9段の実家での母と父と健司の一コマでした。


一心不乱に将棋の研究をしている土橋9段に母親はいろいろ何かと
身の回りの世話をしています。


父親と母親が将棋の世界で戦う息子の面倒を見ながら陰で応援
している様子が見てとれます。

とても微笑ましいですね。


でも、相手は子供のころからずうっと同じ、宗谷名人なんですね。

なので、土橋9段は宗谷名人にはずうっと勝てないんです。

どんな大会でも、土橋9段が勝ち進んでいくと必ず宗谷と当る。


そして勝てない。


そんな関係が子供の時からずうっと続いていて、家族もそのことを
判っていて応援している。

なんか運命を感じる世界ですね、将棋の世界っていうものは。


母親が、宗谷名人との対局前夜、将棋の研究に没頭する土橋9段に

「あと、コレ、いつものヤツ」

ってなにかお弁当箱のようなものを渡します。

んん、何なんでしょうかね?夜食でもなさそうだし、弁当箱が
呂敷につつんであるのは?

まあ、これは後で判りますから、まあ後でね....




シーンは変わって美咲おばさんのお店での美咲さんとあかりさんとの
会話です。

話題は勿論ひなちゃんの髪型のことと、それを見た零くんの反応に
ついての井戸端会議。


実は零くん、ひなちゃんのおかっぱ風ボブの髪型を見て、

「うん、いい。すっごくいいっ。超似合ってる」って普通に何度も
言っちゃってます。

あんなにひなちゃんが落ち込んでいたことも知らないで、普通にめっちゃ
感動してるんです。



美咲さんの零くんひなちゃんのこと好きなの?の質問に、

「うん。好きだと思う」ときっぱり言い切るあかりさん。

そして「私の事もね。もものことも大好きなの....」

そうなんですね。

家族なんですよ、もう川本家三姉妹と零くんは。


「一足飛びにそこ行っちゃうと、もう恋愛なんて脆いものに
戻すの至難の技だわね。」と美咲さん。


「恋愛」を通り越して「家族」ってか。


確かに、川本家のような「家族愛」に飢えている零くんなら
普通にありそうなことですよね。



この第91話では美咲おばさんの年齢が明かされてます。

美咲さんは今52歳なんですね。

あかりさんが23歳で、零くんが19歳。ひなちゃんが16歳で、
ももちゃんが6歳ってことですね。

なかなかいいバランスかも。


うーん、零くんちょっと草食系過ぎるなやっぱり。

19歳の高校3年男子が、高校1年女子と恋愛感情通り越して
家族愛っていうのも何かと....

もうひと悶着あってもいいんじゃないでしょうかね。



以上、3月のライオン第9巻第91話 感想(ネタバレ)でした。


つづく第9巻92話はこちらです。

>>目次ページはこちらです!!<<



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FXに様々な規制

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。